PR

「歯科衛生士が転職に失敗しないコツ」を100人越えの医療法人で採用を担当するDHが解説|再就職で気をつけることは?

歯科衛生士 転職 失敗 再就職 成功のコツ

 

歯科衛生士として、自分にあった歯科医院で働きたい!…と感じていませんか?

 

とはいえ、歯科衛生士が転職・就職に不安を感じてしまうケースはわりと多いです。

 

歯科医院は全国に約7万件。自分に合った歯科医院に就職できないと、ストレスが溜まるだけでなく、健康を損ねてしまうことも。

 

再び転職活動することになれば、手間がかかり、その間は給料も貰えません。

 

そのため、自分に合った歯科医院を探すことは重要です。

 

✔︎ この記事を書いたひと

歯科衛生士 まな

転職4回の歯科衛生士 (X(Twitter))
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、「歯科衛生士が転職を成功させるコツ」「再就職するときに気をつけること」を紹介します。

 

この記事を読めば、歯科衛生士が転職に成功する確率をグッと上げることができます。

 

 

もくじ

転職に失敗する歯科衛生士とは?

転職 失敗 歯科衛生士 特徴

今の職場を「やめたい」と感じると転職を目指すことになります。

 

しかし中には「転職が決まりにくい」「思っていたのと違う」といった職場に就職してしまう歯科衛生士さんもいます。

 

転職に失敗する衛生士の特徴

 

まずは、転職に失敗してしまう歯科衛生士の特徴を紹介します。

 

  • 主張が強すぎる
  • 絶対に失敗したくないと思っている
  • 求人を適当に選ぶ
  • 転職エージェントの意見を鵜呑みにする
  • 見学しない

 

自分の希望を確認しつつ、転職候補先の歯科医院に合わせる姿勢をもつのが大切です。

 

転職先で、「前の職場は…」と愚痴るのは、厳禁。転職がうまくいかないのは理由があります。

 

「転職に失敗しない方法」とあわせて、詳しくは以下の記事で紹介しています。

 

 

失敗しやすい行動パターン

 

転職に失敗しやすい歯科衛生士には、同じ行動パターンがあります。

 

✔︎ 再就職に失敗するパターン

  • ①:転職サイトの求人を眺める
  • ②:いまより好条件の求人を見つけ出して、応募する
  • ③:ざっくり見学して、面接で好印象になりそうな受け答えをする
  • ④:内定をもらって就職する

 

これでなぜ失敗するかというと、「なんとなく」探してしまっているからです。

 

結果として、以下のような状況に陥りやすくなります。

 

  • 人間関係や職場環境が全然あわない
  • 条件面に釣られて入ったら明らかにブラック歯科医院だった

 

もちろん、偶然うまくいくパターンもあります。

 

しかし多くは、ストレスの中で仕事数ヶ月でまた転職活動…という負のスパイラルに陥ります。

 

快適な歯科医院をみつけるなら、「希望の条件を決める・求人情報を集める・求人を見極める」のステップが重要です。

 

詳しくは「自分にあった歯科医院の見つけ方・探し方」で、このあと解説します。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

⌃ 目次へもどる

歯科衛生士の再就職|自分にあった歯科医院の見つけ方・探し方

歯科衛生士 再就職 転職 歯科医院 見つけ方 探し方

 

歯科衛生士が自分にあった歯科医院を見つけるには、次のステップが大切です。

 

希望の条件を決める

 

自分に合った職場を見つけるためには、希望条件を明確にすることが重要です。

 

勤務時間や休日、待遇面、職場の雰囲気や社風など、自分にとって重要な要素をリストアップしておくことが必要です。

 

その上で、転職先候補を選び、希望条件が叶えられるかどうかを確認しましょう。

 

自分自身が何を求めているのかを明確することで、転職先を選ぶ際の判断基準となります。

 

求人情報を集める

 

転職先選びには情報収集が欠かせません。転職先に関する情報を、できるだけ多く集めるようにしましょう。

 

求人情報を集めるためには、次のような方法があります。

 

  • 知り合いの紹介
  • ハローワーク
  • 歯科医院のホームページ
  • 転職サイト

 

メリット・デメリットは以下の通り。

 

メリットデメリット
知り合いの紹介・信頼性が高い
・悪い話も聞ける
・合わなかった時にやめにくい
・なかなか求人が出ない
ハローワーク・地元での求人につよい
・全国540箇所で相談可能
・詳細の情報が得られにくい
・事前に休職申込手続きが必要
歯科医院の

ホームページ

・詳細な情報がわかる
・写真や動画が豊富
・ネット上でみつけにくい
・申し込むのに勇気が必要
転職サイト・求人数が多く比較が簡単
・転職サポートが充実
・求人の絞り込みが大変
・転職サイトの数が多すぎる

 

できることは、すべて利用しましょう。

 

 

転職サイトに登録 → 作業を自動化する

 

求人情報を集めるときは、転職サイトに登録するのも重要です。

 

転職作業が自動化できるので、希望にあった職場を効率よくみつけることができます。

 

✔︎ 転職サイトを利用するメリット

  • 適正給料を教えてくれる
  • 一般に非公開の求人情報がみれる
  • 院長の人柄をリサーチしてくれる
  • 給料の交渉を代行してくれる
  • 面接や見学の日程調整をしてくれる
  • 転職の悩みを相談できる

 

実際に、転職エージェントのサポートをうけた96%の歯科衛生士が、満足の職場に転職しています。

 

転職サイト活用して、求める条件に合致するかを確認しましょう。歯科衛生士におすすめの転職サイトを載せておきます。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

雇用条件の交渉・人間関係のリサーチ・面接の同行までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーが「院長の人柄」を教えてくれたおかげで、穏やかな職場でのびのび働いています。

 

強引に転職をすすめられることもないので、まずは求人をチェックしたい歯科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

\ 30秒で登録完了 /

【公式】デンタルワーカー はこちら

思わず2度見のお宝求人あり

 

求人を見極める【怪しい求人の特徴】

 

求人を見極めることも重要です。

 

求人を完璧に見極めることは難しいので、転職サイトでの情報収集や、実際に見学することで選別していくしかありません。

 

とはいえ、求人を見極めるために注意するポイント・コツは存在します。

 

次の3つは、怪しい求人の特徴です。

 

  • 給料が高すぎる
  • 抽象的な言葉が多い
  • つねに採用をしている

 

給料が高すぎる

 

給料が高すぎる場合、「自費のノルマがある」「労働時間が長い」…などの可能性があります。

 

そのような職場は心身を削られ、メンタルを病んでしまうこともあるので、事前にしっかり調べることが大切です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

まわりの求人の相場よりも20%ほど給料が高いときは、言葉通りに飛びつくのは危険です。

 

抽象的な言葉が多い

 

求人に、「アットホームな歯科医院です」「やりがいのある職場!」などの文言が延々と並んでいる歯医者は注意です。

 

具体的にアピールする実績や長所がないため、フワッとした言葉で表現することがあります。

 

つねに求人募集が出ている

 

長い間、求人が出ている歯科医院は「なかなか決まらない」か「すぐに辞めている」可能性があります。

 

業務が拡大していたり、転職サイトから情報を消していない…といった可能性もありますが、注意が必要です。

 

変な求人を一定水準で避けるためには、以下が重要です。

 

  • 希望条件をブラさない
  • 新鮮な求人情報を常に仕入れる
  • 見学に行って、職場の雰囲気を感じる

 

歯科衛生士の就職先の選び方・決め方は、以下の記事で解説しています。

 

» 歯科衛生士の就職先の選び方・決め方

 

ブラックな歯科医院を避けるためには、実績のある転職サイトを利用することも重要です。

 

大型の医療法人で150人以上の歯科衛生士を採用してきた歯医者が選ぶおすすめの転職サイトは、以下の記事で紹介しています。

 

 

⌃ 目次へもどる

歯科医院に応募するときの注意点

歯科衛生士 再就職 転職 歯科医院 面接 見学

 

希望する求人 が見つかったら、応募の流れになります。

 

応募するときは、以下の流れが大切です。

 

 

アピールを明確にすることで、好印象を与えることができます。

 

履歴書を正確に書く

 

履歴書は就職・転職の成功を左右する重要なものです。内容ひとつで、採用・不採用の決め手になることも。

 

他の応募者と差別化しつつ、アピールすることが、希望する歯科医院への転職のコツです。

 

具体的には、歯科衛生士の履歴書の書き方を完全解説!志望動機のポイントや提出のマナー をご覧ください。

 

 

志望動機・自己PRを充実させる

 

志望動機・自己PRは重要です。

 

歯科衛生士さん向けの「志望動機の書き方」は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

しっかりとアピールするためには、自己PRを行うことが重要です。

 

自己PRの書き方・例文は、次の記事で解説しています。

 

 

自己PRには言葉だけでなく、面接時の表情声のトーン姿勢なども重要です。

 

面接で求められるスキルや経験、自身が持つアピールポイントなどを上手に伝えることができるよう、事前に練習をしておきましょう。

 

歯科医院を見学する

 

自分に合った職場を見つけるためには、歯科医院を見学することがおすすめ。

 

転職先候補の職場に直接足を運ぶと、雰囲気職場環境職員とのコミュニケーションを肌で感じることができます。

 

直接話を聞くことで、希望する条件が叶えられる可能性があるかどうかも確認できます。

 

職場の実際の雰囲気や現場の様子を見ることができるため、転職先選びの際にはぜひ実際に足を運んでみましょう。

 

職場の雰囲気や人間関係なども見ることができるため、転職後に後悔することが少なくなります

 

 

面接する

 

見学のあとは、面接するパターンが多いです。面接の時は、自分の希望条件をしっかりと伝えてください

 

給与や勤務時間、福利厚生などの待遇条件だけでなく、職場の雰囲気や働き方についても、しっかりと話しましょう。

 

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

 

⌃ 目次へもどる

歯科衛生士が転職に成功するコツ

歯科衛生士 再就職 転職 成功 コツ

歯科衛生士が、転職に成功するコツを紹介します。

 

 

転職エージェントを活用する

 

転職エージェントは、うまく付き合えば強い味方になります。

 

以下の記事では、転職エージェントをつかうメリット・デメリットを紹介しています。併せてご覧ください。

 

 

30代衛生士|転職成功のコツ

 

以下の記事では、30代の歯科衛生士にむけて「転職のコツ」を解説しています。

 

30代の歯科衛生士さんはぜひご覧ください ▼

 

 

子育て中の転職|成功のコツ

 

以下の記事では、子育て中の歯科衛生士にむけて「転職のコツ」を解説しています。

 

子育てと仕事をうまく両立したい歯科衛生士さんはぜひご覧ください ▼

 

 

訪問歯科を選ぶポイント

 

最近は訪問歯科の需要が増えてきました。

 

以下の記事では、訪問歯科に転職したい歯科衛生士さんに向けて、仕事内容・給料をわかりやすく解説しています。

 

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

⌃ 目次へもどる

転職に成功するマインドセット

歯科衛生士 転職 再就職 メンタル

歯科衛生士が転職に成功するためには、良いマインドを持つことが非常に重要です。

 

以下に、転職に成功するためのマインドを紹介します。

 

  • ポジティブな気持ちで取り組む
  • 失敗を恐れずにチャレンジする
  • 変化を受け入れる

 

ポジティブな気持ちで取り組む

 

転職活動は、思ったようにうまくいかないこともあります。しかし転職に成功するためには、ポジティブな気持ちを持って取り組むことが重要です。

 

自分の能力や価値をしっかりと認識し、自信を持って行動しましょう。

 

自分には転職できるだけのスキルや経験がないという考え方ではなく、今後身につけるべきスキルや経験を明確にし、それを目標に向かって取り組むことが大切です。

 

失敗しても諦めずに前向きな気持ちで次に進むことで、転職活動へのモチベーションも保てます。

 

失敗を恐れずにチャレンジする

 

転職活動では、失敗を恐れずに積極的にチャレンジすることが大切です。

 

失敗を恐れずに挑戦することで、自分の可能性を広げることができます。

 

新しい職場で、自分のスキルや経験を活かし、成果を出せるかどうかは、積極的にチャレンジすることでしか分かりません。

 

とはいえ、100%成功する転職はありません。

 

そのため、転職に失敗したときに落ち込まないように「失敗した時を考えておく」ことも重要です。

 

 

変化を受け入れる

 

転職活動には、変化に対するマインドが必要です。自分自身や職場、業務内容など、全てが変化する可能性があります。

 

そのため、変化を恐れるのではなく、変化を受け入れるマインドを持つことが大切です。

 

自分自身も成長し、変化することが必要です。転職を機に、新しいことにチャレンジし、自分自身をアップデートしましょう。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

 

⌃ 目次へもどる

衛生士転職のよくある悩みと疑問

歯科衛生士 転職 再就職 悩み

歯科衛生士転職でのよくある疑問を「Q&A」形式で紹介します。疑問や悩みがあれば、チェックしてください。

 

✔︎ 歯科衛生士転職のよくある悩み・疑問

 

円満に退職したい

 

いま正社員で勤めている職場がある場合は、退職しなければ新しい職場では働けません。

 

円満に退職することで、転職活動もしやすくなります。

 

歯科衛生士の「退職のコツ」は、以下の記事をご覧ください。

 

 

給料を上げたい

 

転職して「給料を上げたい」と考える歯科衛生士さんも多いです。

 

給料を上げるためには、次の7つが効果的です。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く
  • 交渉する

 

詳しくは【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし! で解説しています。

 

歯科衛生士の「お金の悩み」は、以下の記事でまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

 

人間関係に悩みたくない

 

人間関係で悩んだことのある歯科衛生士さんは多いです。

 

実際に、歯科衛生士の転職理由第一位は「人間関係」。

 

歯科衛生士が抱える「人間関係の悩み」の解決方法は、以下の記事をご覧ください。

 

 

希望の条件で働きたい

 

自分にあった条件で働ける歯科医院を、探してみましょう。

 

  • 土日に休みたい
  • 早く終わる歯科医院で働きたい
  • 社会保険に入りたい
  • 資格をとりたい

 

根気よく探せば、理想の条件の歯科医院は見つかります。

 

歯科衛生士の「働き方」の悩みは、以下の記事にまとめました。

 

 

ブランクからの復職が不安

 

歯科衛生士は、出産・育児・介護といったライフイベントにより、ブランクが生じやすい職業です。

 

ブランクからの復職するとき、不安で一杯になります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

ブランク明けの歯科衛生士さんを受け入れている歯科医院は、数多く存在します。

 

復職したい歯科衛生士が抱える悩みと解決方法は、以下の記事で解説しています。

 

 

就活はいつから始めたらよい?

 

基本、思い立ったタイミングで始めましょう。本気で転職したい!…場合でなくても構いません。

 

「なんとなく思った」場合でも、定期的に求人をチェックしておきましょう。

 

いまの自分の労働環境を、他の歯科医院と比較することができます。

 

歯科衛生士の転職理由って何?

 

歯科衛生士の理由は、つぎのとおりです。

 

  • 人間関係が悪い
  • 給料・待遇が悪い
  • 仕事内容が合わない
  • 結婚・出産などのライフイベント

 

面接で、転職の理由を聞かれることは多いです。

 

面接時の回答方法は、以下の記事で解説しています。

 

 

歯科衛生士の離職率は高い?

 

歯科衛生士の離職率に関するデータは、以下の通りです。(引用:歯科衛生士の勤務実態調査

 

転職率75%
平均在籍期間6年
転職先歯科医院90%
病院5%・その他(行政・企業)5%
転職までの期間1〜2ヶ月

 

ライフスタイルや環境によって異なり、早ければ1ヶ月で退職したり、逆に10年以上勤めるパターンもあります。

 

75%(4人に3人)の歯科衛生士さんに転職経験があり、複数回の転職することも当たり前です。

 

転職を考えてから、1〜2ヶ月ほどで次の職場に転職しています。

 

歯科衛生士不足って本当?

 

歯科医院は、歯科衛生士不足で喘いでいます。

 

  • 歯科衛生士以外の仕事をしている人も多い
  • 結婚・出産などで離職する人が多い

» 歯科衛生士の人材確保࣭復職支援等に関する検討会報告書

 

実際に、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

一人の歯科衛生士を20件の歯科医院が欲しがっている…ということになります。

 

そのため、よい条件で募集を出す歯科医院も増えてきました。

 

転職が初めてで、不安すぎる

 

初めての転職は、「本当にやめていいのかな」「いまより変な歯科医院だったらどうしよう」と不安になりがちです。

 

しかし、歯科衛生士の転職は当たり前のこと。実際に、6割以上の歯科衛生士が転職を経験しています。

 

転職未経験の歯科衛生士が「転職に成功するコツ」を、以下の記事でまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

 

転職に有利な時期は?

 

歯科衛生士の転職に有利な時期は5月と9月と言われています。

 

  • 5月:五月病の影響で4月に就職した歯科衛生士が辞めやすい時期
  • 9月:一般企業の転勤や移動が多い。出産の多い時期

 

とはいえこれはあくまで「時期が重なったらラッキー」程度に考えてください。

 

転職を考えた時がベストタイミングです。時期だけにこだわりすぎて、良質な求人を見逃さないように注意してください。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「賞与・ボーナスをもらったら」「今年度いっぱい」などゴールをきめておくと、本気度が上がります。

 

就活は働きながら?退職後?

 

状況によります。

 

いま働いている歯科医院があるひとは、働きながら…が基本です。

 

  • 急いでないけど、よい条件の歯科医院があれば…
  • いまの職場に不満がありつつ、給料がなくなると困る

 

上記のような場合は働きながら…で問題ありません。

 

収入が途切れずに、じっくり探すことができます。その反面、よい求人あってもフットワークが鈍くなりやすいです。

 

逆に、つぎに当てはまる場合は、まずは退職が最優先になります。

 

  • 明日からいきたくない。絶対やめてやる!
  • パワハラを受けていてメンタルが崩壊しそう…

 

心身をリフレッシュして自分を見直す時間が取れます。

 

とはいえ、収入がとぎれたり、自堕落な生活に陥るリスクがあるので慎重さも忘れずにしてください。

 

歯科衛生士の退職は、以下の記事を参考にしてください ▼

 

 

転職の回数が多い…

 

歯科衛生士の平均転職回数は2.5回です。

 

3回以上転職を繰り返している歯科衛生士さんもかなりいます。とはいえ、転職回数が多いと不利な要素になりやすいです。

 

そのため、自分1人だけで転職活動せず、転職サイトのエージェント機能を利用するのはオススメです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

自分の利点と欠点を客観的に判断して、マッチする歯科医院を紹介してくれます。

 

転職3回目の歯科衛生士が転職に成功した方法は、こちらの記事で解説しています ▼

 

 

希望条件が決められない

 

希望条件は「新しい職場に期待すること」です。給料や労働条件希望を、具体的に落とし込んでみて下さい。

 

  • もっと稼ぎたい → 月に30万円
  • 職場までが遠すぎる → 自宅から15分以内で通勤
  • 自分の時間がとれない → 残業がない歯科医院、土日休み
  • 人間関係がクソすぎる… → 優しい性格のスタッフや院長
  • 子育てをしやすい職場がよい → 育休、休暇、有給の制度が整っている
  • 歯科衛生士としてのスキルアップしたい→勉強会やセミナーが充実している

 

「人間関係」「給料」「待遇(福利厚生)」「やりがい」…これらを初めからすべて満たす歯科医院はありません

 

その上で、優先順位をつけるのも大切です。

 

転職サイトはしつこい?

 

転職サイトのエージェントに、転職活動を依頼すると、しつこい連絡がくることがあります。

 

いまは、メール・LINEで連絡できたり、歯科医院と直接交渉できる転職サイトもあります。

 

エージェントとのやりとりが面倒な方は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

転職って何歳までできる?

 

意欲と体力があれば、何歳になっても働くことができます

 

歯科衛生士は必要とされている職種です。実際に60代・70代でも現役バリバリの歯科衛生士さんもいます。

 

とはいえ、体力と知識の面から、採用の枠は狭くなってくるのも事実。そのため、転職は早ければ早い方がいいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

今が人生で若い…ということは忘れないでくださいね。

 

転職に後悔したら?

 

転職先があわず、「前に働いていた歯科医院の方がよかった…」と思うパターンがあります。

 

前の職場を円満退職していて、かつ戻る枠があるならば戻ることも可能です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

実際、何年かたって戻ってくる例も。戻りたいなら、戻れるか確認してみるのはアリです。

 

一方で、歯科衛生士の転職先は山ほどあります。もし失敗しても、新しくスタートをきることも可能です。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

⌃ 目次へもどる

転職後にやることリスト

 

「内定をうける」→「承諾する」の流れで就職が決まります。ここでは「労働条件通知書」や「雇用契約書」をしっかり確認しましょう。

 

これらの書類を確認して、問題なければ承諾します。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

転職・就職後のトラブルを防ぐため、しっかり保管しておきましょう。

 

とはいえ、どんなに慎重に歯科医院を選んでも、再就職に絶対に失敗しない方法はありません。

 

働いてみないとわからないこともあるからです。

 

そのため「絶対に失敗してはいけない」と負荷をかけるより、「もしかしたら失敗するかも」と考えていた方が転職はうまくいきます。

 

万が一転職に失敗しても、自分を責めたり凹みすぎたりしないでください。

 

転職エージェントを利用して転職すると、転職後の悩み相談や、再転職の手続きをサポートしてくれます。

 

初出勤でやること

 

転職が決まった後、初出勤までには以下の項目をチェックしておきましょう。

 

  • 出勤時間
  • 服装・みだしなみ
  • 当日の持ち物
  • 病院から支給されるもの
  • 必要書類
  • 労働契約書(雇用契約書)

 

初出勤までにやることは、以下の記事を参考にしてください。

 

 

転職初日にやることは、以下の記事でまとめています。

 

 

 

⌃ 目次へもどる

まとめ:失敗しない転職をめざそう

歯科衛生士 転職 再就職 失敗しない

 

今回は、転職に失敗したくない歯科衛生士さんに向けて「転職を成功させるコツ「再就職で気をつけること」を解説しました。

 

「自分にあった歯科医院で働きたい」「転職に失敗したくない」と考える歯科衛生士さんは、できることから始めてみてください。

 

ストレスフリーな職場への転職を成功させましょう!

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 年間3万件の転職実績 ※
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

※トライトグループ合計

⌃ 目次へもどる